種類別風俗のどこまでできる?いくらかかる?まとめ

前々回の記事を読んだ一部のモッコリストから、こんな意見をもらった。

「風俗って種類が多すぎて、どれがなんだかよく分からなくて不安……」

なるほど、確かに全体を把握していないとなんだか難しそうに見えて、不安になるものだ。

だが、慣れてしまえば難しいことは何もない。
価格とプレイ内容で細かくグルーピングしているため、カテゴリは多いがその構造は至って単純だ。

わかってしまえば、その時の財布事情やエッチな衝動に合わせて最適な風俗を楽しむことができるようになる。

そこで今日は、諸兄達がイッてみたいこと、ヤッてみたいこととマッチする風俗と出会えるよう、メジャーな風俗の種類と内容を紹介する。

無題

セクキャバ(セクシーキャバクラ・おっぱぶなど)

いわゆるセクキャバとは、通常のキャバクラで美女とお酒を飲むのに加え、セクシー衣装で、おさわりまで可能な店のことだ。

どこまで許されるかの線引きは店によって異なるが、通常はおっぱいを触るだけで、当然ヌキはなく、女の子の下半身に触れるのもNGというのが一般的。

平均的には40分~60分/1セットで5千円~1万円。
ただし、店のランクにもよるので入店する際にはサービスと価格は念入りに確認する必要がある。

また、基本のセット料金に加え、指名や本指名、嬢のドリンク代といったコストが別でかかる場合が多い。
併せて確認してほしいが、基本的に諭吉が2人いれば安心して遊べると思って間違いない。

ソープ(ソープランド)

ソープランドはお風呂がある部屋で嬢が性的サービスを行う店だ。
正確には、店は風呂を提供するのみで、店員の女性と客がその場で惚れ合って自由恋愛の末、性交渉を行う、という設定のもと遊ぶ店だ。ソープでは完全に最後まで、挿入して射精することが可能。

風俗の中でも最もレベルの高いサービスがおこなれるため、「風俗の王様」的ポジションとなっている。
咥えて加えて嬢の容姿レベル、店のグレードが顕著に価格に反映されるため、格安店から高級店の価格差が大きいという特徴がある。

価格の目安としては、都内相場で格安店が1万円~2万円、大衆店、中級店、高級店と店のランクがグレードアップするにつれ、2万円ずつアップしていく。(つまり高級店では6~8万円が相場だ)

値段が高いだけに、利用前に必ずホームページなどで、入浴料だけでなく、「総額」をしっかり確認する必要がある。

ヘルス・箱ヘル(ファッションヘルス)

ヘルス・箱ヘルとは、一般に女性従業員が男性客に個室で性的なサービスを提供する風俗。
日本人が持つ風俗店のイメージを体現しているTHE 風俗というべき業態がこの箱ヘルだ。

ソープランドと違ってお風呂はなく、かわりにシャワーと個室が設置されている。

ヘルスではヌキはできるものの、挿入行為はNG。
裸でくんずほぐれつしていると挿入したくなるのが男性のサガだが、無理するとスタッフを呼ばれ、大抵の場合30万〜の罰金を要求されるため、注意が必要だ。

値段は嬢と店のランクによって異なるが、デリヘルやホテヘルと異なり店舗併設型のサービスのため、ホテル代や交通費などがかからない分割安だ。格安店で8千円から、高級店でも3万円程度で遊べる。

ホテヘル(ホテルヘルス)

ホテヘルは、基本的にはヘルスと同等のサービスを受けられる。
違いは無店舗営業のため、受付のみ店舗で済ませた後、ホテルに移動してプレイをする、という点。
不思議だが、箱ヘルやデリヘルと比較して受付男性スタッフがオススメ嬢を丁寧かつフレンドリーに案内してくれるという特徴がある。

ホテヘルもヘルスと同様本番行為は禁止なので、店舗から離れているからといって無茶をすると、怖い男性スタッフを呼ばれることとなる。

価格は、ヘルスと比較してホテル代が必要なためやや高くなる。レンタルルーム利用で2千円〜3千円。ホテル利用で5千円前後といったところか。
利用時は近場のホテルの利用料の相場を確認しておくのが男の嗜みだが、大抵の場合は店がオススメのレンタルルームやホテルを案内してくれる。

デリヘル(デリバリーヘルス)

デリバリーヘルスとは派遣型のファッションヘルスのことで、略してデリヘルと呼ばれており、出張ヘルスと呼ばれることもある。
こちらもホテヘル同様、店舗がなく、ホテルや自宅に女の子を派遣してもらい、遊ぶシステムだ。

サービス内容はファッションヘルスとほぼ同じで、ヌキはあるものの挿入行為はNG。
詳細はこちらを読んでほしい。

プレイ料金は、入会金、指名料、プレイ料金、嬢の交通費に加え、ホテルを利用している場合は利用料がかかる。が、自宅であればホテル代は不要だ。激安店で1万3千円から高級店では4万円ほど。
(表のサイトには出てこないが、芸能人が嬢として所属する@20万円以上の最高級デリヘルも存在する。

ピンサロ(ピンクサロン)

ピンサロ(和製英語:pink salon)は、店で女の子がフェラチオで抜いてくれるという風俗店だ。
ほぼ全ての店でソフトドリンクやアルコール飲料が提供される。

シャワーなどはなく、おしぼりなどで拭いてからのサービス提供となるため、風俗の中では最も衛生面の管理が貧弱だ。
病気はちょっと、、、という既婚者風俗愛好家の中には、ピンサロにいかないと決めているものも多いが、お手軽さと安さが魅力で「風俗で一番好きなのはピンサロ」という固定ファンも多い。

基本1セットが30分から35分で、4千円~6千円が平均相場。

また、ピンサロは女子大生や専門学生の割の良いアルバイト先になっており、近くに大学や専門学校が複数ある駅では、必ず人気のピンサロ店があると考えてよい。

がっつり風俗には入りたくないが、お金は欲しいというキラキラ女子大生と遊べる可能性が高く、そんなところも魅力の一つだ。

以上が、比較的メジャーな風俗店だ。

価格帯に違いはあれど、基本的にはプレイ内容と嬢のレベルを上げると、比例して価格が高くなる単純な仕組みだ。

最後に「風俗=エコシステム」。
最近都内を中心に、こんな考え方が流行り始めているという話を聞いたことがあるだろうか。

風俗そのものを仕組みで考えると、実は効率的なレコメンデーションプラットフォームであることがわかる。
風俗店は、ユーザをレコメンデーションしつつ女性とマッチングし、性交渉を行う場を提供するプラットフォームだ。

風俗全体でユーザの回遊率を上げ、さらに人間の根源欲求に働きかけるため、コンバージョン率が非常に高い。

どうだろう、こうやって考えると広告や営業に従事している諸兄にとって、風俗がより身近なものに感じられないだろうか。

分からないまま敬遠するのはあまりにもったいない。
こうやって経験してきた私の「知」を共有し、風俗への不安を解消することで、一人でも多くのモッコリストを排出していきたい。

産業全体の活性化と健全化を願うばかりだ。

トップへ戻る